一緒に住むことで生まれる今よりもっと豊かな暮らし。RC住宅で二世帯住宅なら愛知県豊橋市の030FACTORY

SHARE the HOUSEのコンセプトへ

住まいをシェアするように ほどよく共有、ほどよく分離。

CONCEPT

ちょうど良い距離感。

二世帯住宅には、さまざまな形がありますが一番大切なのは、お互いにとっての「ちょうど良い距離感」それが家族の心地よいコミュニケーションを紡ぎます。

集いたいときに集い、必要なときに支え合い日常はそれぞれのペースで生活を営むことができるそんなちょうど良い距離感を持つ二世帯住宅の提案です。
「一緒に住むことで生まれる、もっと豊かな暮らしを提案したい」それが私たち030FACTORYの想いです。

二世帯住宅という選択肢

災害時、家族が側にいる安心。 二世帯住宅という選択肢。

東日本大震災後に行われた意識調査によると、住まいに求めるスタイルとして家族の繋がりを重視した家づくりを上げる人が多かったといいます。 特に、災害時もお互いに連絡がとれるという理由で親世代との同居、あるいは近居が注目されています 030FACTORYはコンクリート住宅で、家族の要望を満たす二世帯住宅をご提案します。

三世代に渡り住み継ぐことも可能。

コンクリート住宅は、耐震・耐火性能の高さに加え、経年劣化のしにくいコンクリート構造ということもあり、長期間にわたり快適さを保ちつつ住み続けることが可能です。 また、様々なライフステージにフィットする対応力も備えているため、二世帯で三世代にわたり住み継ぐことも可能です。

三世代にわたり住み継がれる鉄筋コンクリート二世帯住宅

SHARE the HOUSE 二世帯住宅のメリット

建てるときも、建ててからも 経済的に有利。

建てるときの土地利用、建築コスト、住んでからのランニングコストなど二世帯で負担し合えば経済的にも有利です。

家を建てるときの様々なコストを二世帯で負担し合える。

コンクリート住宅の耐久性が 用途転換にも有利。

将来的に単世帯だけの住まいとなったときも「賃貸」、あるいは間取り変更で対応できれば、負担も少なく済みます。コンクリート住宅の構造の優れた耐久性が将来も有利に働きます。

030FACTORYの鉄筋コンクリート住宅

お互いが行き来できる安心感。

例えば災害時、緊急時に子世帯、親世帯がそばに居る安心感は、二世帯住宅の大きな利点。留守の時もどちらかの世帯が居れば、防犯の面でも安心です。

世代交流の場。

子供が高齢な親世代と接する機会が多いのは心の成長のためにも良いと言います。なによりいつも賑やかな環境は、生活を豊かにします。

生活音が気にならない。 コンクリート住宅の遮音性。

家族と言えどもプライバシーは重要です。コンクリート住宅は、優れた遮音性能があるため各世帯の生活リズムが違っていても、音の気遣いが少なくて済みます。

二世帯住宅には、うれしいこといっぱい。

近くに頼れる家族がいる安心、経済的な優位性、子供の成長への好影響。
ふたつの暮らしがひとつになることで生まれるメリットはいっぱいあります。

親が高齢期を迎えても|親世帯が高齢期を迎えても そばで暮らしていれば、お互いに安心感があります。 ちょっとした生活のサポートも出来るので 親も基本的には、自立した生活を維持できます。

毎日が忙しくても|食事づくりや買い物、掃除、育児など 日常的な家事の協力をお願いできます。

祖父母と接する事で|子どもたちが高齢者と接する機会があるのは 心の成長のためにもいいこと。社会の中でも お年寄りにやさしく接するようになりました。

共働きでも|共働きで、小さな子供がいるので、 保育園、幼稚園の送り迎え、学校から帰った後 預かってもらえるなど、親世帯のサポートがあると とても安心です。

家庭が賑やかで|おじいちゃんやおばあちゃんに、 あやとりや折り紙をおしえてもらったよ。家族がたくさんいると、にぎやかで いつも楽しいよ。

困ったときでも|力が必要なとき、パソコンや電化製品の 操作がわからないとき 呼べばすぐに来てくれる子世帯が頼もしい。

若い世代と暮らすと|若い子世帯や孫と 一緒に暮らすことは、気持ちが若々しくなり 生活にも張り合いがでます。

旅行のときでも|夫婦でゆっくり旅行にでかける時も ペットの世話や留守を頼めるので安心です。

経済的な協力で|建てるときの資金、建ててからの経費も 二世帯で出し合えば負担も減らせて経済的です。 また、資金を単世帯より多めに用意できれば グレードを上げた住環境をつくれます。

貸し借りできて|日常の生活で必要な、ちょっとしたものを 共有したり貸し借りできて助かります。

お問い合わせ