030FACTORYの二世帯住宅 まもなくDEBT

災害時、家族がそばにいる安心。二世帯住宅という選択肢。

東日本大震災後に行われた意識調査によると、住まいに求めるスタイルとして家族の繋がりを重視した家づくりを上げる人が多かったといいます。特に、災害時もお互いに連絡がとれるという理由で親世代との同居、あるいは近居が注目されています。
030FACTORYはコンクリート住宅で、家族の要望を満たす二世帯住宅をご提案します。

二世帯住宅イメージ

POINT

二世帯住宅を選ぶメリット

  • 建てるときの土地利用、建築コスト、住んでからのランニングコストなど二世帯で負担し合えば経済的にも有利です。

    コストを二世帯で負担

  • 2.コンクリート住宅の耐久性が用途転換にも有利。

    将来的に単世帯だけの住まいとなったときも「賃貸」、あるいは間取り変更で対応できれば、負担も少なく済みます。コンクリート住宅の構造の優れた耐久性が将来も有利に働きます。

  • 3.生活音が気にならない。コンクリート住宅の遮音性。

    家族と言えどもプライバシーは重要です。コンクリート住宅は、優れた遮音性能があるため各世帯の生活リズムが違っていても、音の気遣いが少なくて済みます。

  • 4.お互いが行き来できる安心感。

    例えば災害時、緊急時に子世帯、親世帯がそばに居る安心感は、二世帯住宅の大きな利点。留守の時もどちらかの世帯が居れば、防犯の面でも安心です。

  • 5.世代交流の場。

    子供が高齢な親世代建てるときの土地利用、建築コスト、住んでからのランニングコストなど二世帯で負担し合えば経済的にも有利です。と接する機会が多いのは心の成長のためにも良いと言います。 なによりいつも賑やかな環境は、生活を豊かにします。

三世代に渡り住み継ぐことも可能。

コンクリート住宅は、耐震・耐火性能の高さに加え、経年劣化のしにくいコンクリート構造ということもあり、長期間にわたり快適さを保ちつつ住み続けることが可能です。また、様々なライフステージにフィットする対応力も備えているため、二世帯で三世代にわたり住み継ぐことも可能です。

住み継がれる住宅イメージ

SHARE the HOUSE 030FACTORYの二世帯住宅 まもなくDEBUT

030FACTORYロゴ
〒441-8157 愛知県豊橋市上野町字上原1-5
TEL 0532-45-6646 FAX 0532-48-9373
株式会社 大沢組

メールでのお問合わせ

フリーダイヤル 0120-030-106

ページトップへ
ページトップへ